コンテンツ

ウェディングドレス・カラードレス

ウェディングドレス・カラードレス
ウェディングドレス

結婚式と言えば白いウェディングドレスが主流ですよね。
流行のルーツは、19世紀イギリスのヴィクトリア女王だと言われています。彼女は女性たちの間ではファッションリーダー的な存在で、彼女が着用したことでそれまで上流階級だけが着用していた白いウェディングドレスが中流階級の間でも流行しました。産業革命の影響もあり、それまで高価だったシルクやレースが手に入れやすくなったことも影響しているようです。

カラードレス

また、カラードレスにも古い歴史があり、中世ヨーロッパの婚礼衣裳として支持されていたと言われています。現在では演出のアクセントに使用されることも多くなりました。お色直しや二次会でよく着用され、自分らしさを表現するのに適しています。さまざまな色やデザインがあるため、花嫁の趣味や肌の色、顔立ちに合わせて選ぶことできます。

華やかな白いウェディングドレス

ウェディングドレスと聞くと、純白で美しいというイメージを思い浮かべる方も多いでしょう。
白いウェディングドレスが持つ意味について、見た目の華やかさだけではないことをご存じでしょうか?

白のドレスが結婚式にふさわしい理由

白のドレスが結婚式にふさわしい理由

キリスト教の結婚式として一般的な教会での挙式は、11世紀ごろのヨーロッパで広まったと言われています。白には純潔や清楚といった意味があり、白という色に対する印象が当時から人々に支持されていたようです。

特に、キリスト教では花嫁には純潔で清楚であることが求められていたことから、白いウェディングドレスが結婚式の衣裳としてふさわしいと考えられたのです。

料金

当店は専門店ならではの品ぞろえでウェディングドレスやカラードレスをご用意しています。
花嫁が最高に輝けるドレスを多数ラインナップ。素材・デザインともに満足いただけるドレスをお選びいただけます。1着50,000円からレンタル可能です。

料金・プランはこちら

レンタル内容

「ウェディングマイン」ではドレスに加え、小物も貸し出しております。一般的にドレスの下に着る肌着は購入するものですが、当店ではレンタルサービスもございます。ご希望に合わせて提供可能ですので、お気軽にご相談ください。

ドレスに合わせて貸出可能な小物

ドレスに合わせて貸出可能な小物

ネックレス、イヤリング、ティアラ、ベール、グローブ、パニエ、靴、肌着ブーケ(造花)※生花は有料でお付けできます。

ギャラリー